????????????

産廃収集運搬・運輸部門

産廃収集運搬・運輸部門の業務内容および報酬額表
別途行政庁への手数料や交通費・郵便等の費用は実費にて請求させていただきます

産業廃棄物収集運搬(積替え保管除く)

手続内容 基本報酬額(税抜き) 備考
エコノミーコース 70,000円
住民票や納税証明書、写真等の書類をお客様に全てご用意頂き、申請書作成及び提出を当事務所に依頼するコースです。
2箇所目以降は60,000(税抜き)
スタンダートコース 100,000円
証明書類の取り寄せから申請書類作成・提出までを丸投げプランです。
2箇所目以降は75,000(税抜き)
特急コース(天日的に出来るかは要相談ですが) 130,000円
内容はスタンダートコースと同じですが、最短で5日で申請まで行います。
2箇所目以降は100,000円(税抜き)
更新許可・事業範囲変更許可申請 80,000円~ 複数を同時申請の場合は、1箇所追加毎に40,000別途申請手数料と標章交付費用が必要
変更届 30,000円~ 複数申請の場合は、1箇所追加毎に1万円
業務実績報告書 20,0000円~ 複数申請の場合は、1箇所追加毎に1万円

申請手数料(千葉県の場合)

区分 新規許可 更新許可 事業範囲変更許可
産業廃棄物 81,000円 73,000円 71,000円
特別管理産業廃棄物 81,000円 74,000円 72,000円

標章交付費用は新規・更新ともに1台につき2,200円

他県もほぼ同じような金額ですが、お問い合わせ頂けましたらご回答いたします。
相談は無料です。0120-30-9168

・報酬額表の一部はご依頼頂いた内容(車両台数・許認可の難易度等)を考慮した価格になります。
その為、初回のご相談時にご提出頂いた資料や状況を考慮した上でお見積もりを提示いたします。

・行政庁へ支払う登録免許税や事務手数料は、立て替え払いはしておりませんので受任後必要額をお支払い頂きます。

・基本報酬額は、当事務所の運営方針・経済事情により、改定する場合がございますので、その旨ご了承くださいませ。

 

 

一般貨物自動車運送事業(トラック)

手続き内容 基本報酬額(税抜き) 備考
経営許可申請 430,000円~ 別途登録免許税120,000円が必要
事業計画変更許可申請 160,000円~ 変更箇所が複数の場合1箇所追加ごとに30,000円
変更届 30,000円~ 変更箇所が複数の場合1箇所追加ごとに10,000円
事業報告・実績報告書 40,000円~  

 

一般貨物自動車運送事業の許可を取得できてもそこで安心してはいけません!!
運輸開始届の届出をしなければ、業務開始することはできません!

以下に大まかな許可申請から事業開始までの流れを記載しますのでご参考にしてください。

許可が下りてから1年以内に運輸開始届を届出ないと許可が失効します。

①許可申請を出す 
↓ 
②法令試験を受験
不合格:再受験、それも不合格だと1度申請取下げ 
↓ 
③許可の取得(申請から3~4ヶ月程処理期間があります) 許可証交付式・講習会・登録免許税の支払いなど
(登録免除税は12万円:1ヶ月以内に納付のこと

④その他すべき内容(申請前に済ませるものもあります)

  • 法人の場合は設立登記
  • 営業に必要な施設の整備
  • 備付け書類等の整備 (1)帳簿類(運転者台帳・点呼記録簿・運行記録など)  (2)掲示物 (3)看板
  • 労働基準監督署への届出(就業規則など)
  • 社会保険・労働保険の加入
    (社会保険・労働保険に加入していないと運輸業務開始できません。)
  • 適性診断の受診
  • 運行管理者・整備管理者選任届
  • 運送約款設定認可 ※標準運送約款を使用しない時は必要

⑤緑ナンバーの取得
↓ 
⑥運輸業務開始届出 
↓ 
⑦運賃料金表の提出 

数ヶ月以内に巡回指導が実施されるので、その時に帳簿類がきちんと整備してない場合や申請内容が虚偽であったと判明した場合、行政処分を受けることなる。

 

以上大まかな流れです。


法人の設立登記や社会保険等についてご相談頂けましたら、提携の司法書士・社会保険労務士を紹介させていただきます。 

 

 貨物利用運送事業
貨物利用運送事業とは、自身でトラックなどの運送手段を所持せずに、他の運送事業者の運送手段を利用して貨物運送をする事業形態です。
貨物利用運送事業は、「第一種」と「第二種」に区別されております。

 

第一種貨物利用運送事業登録申請(モード:トラック)

基本報酬額(税抜き) 備考
250,000円~ 別途登録免許税90,000円が必要

 

第一種貨物利用運送事業登録申請(モード:鉄道)

基本報酬額(税抜き) 備考
200,000円~ 別途登録免許税90,000円が必要

 

第一種貨物利用運送事業登録申請(モード:航空)

基本報酬額(税抜き) 備考
300,000円~ 別途登録免許税90,000円が必要

 

 

第一種貨物利用運送事業登録申請(モード:船舶)

基本報酬額(税抜き) 備考
300,000円~ 別途登録免許税90,000円が必要

 

第一種貨物利用運送事業は第二種貨物利用運送事業以外の船舶、貨物自動車、航空、鉄道を利用する貨物運送のことをいいます。
登録性

第二種貨物利用運送事業は、鉄道運送、航空運送又は海上運送に係る利用運送とトラックによる貨物の集荷と配達を一貫して行うものです。
許可制

第二種利用運送の概念図
(近畿運輸局HPより)

二種利用運送概念図

 

 

第二種貨物利用運送事業許可申請

基本報酬額(税抜き) 備考
350,000円~ 別途登録免許税120,000円が必要

 登録内容変更のサポートも致しますので、お気軽にご相談下さい。

 

 

貨物軽自動車運送事業経営届出申請

基本報酬額(税抜き) 備考
50,000円~  黒ナンバー取得の際に軽自動車検査協会へ2,000円程納めます。

車両は、軽トラや軽ワゴン1台からで大丈夫です。
営業所についても自宅兼用で大丈夫です。
運転免許は普通免許で大丈夫です。
以上から、独立開業を考えている人にとって非常に魅力的な貨物運送業とも言えます。
黒ナンバーを取得して、独立事業主を目指してみまんせんか?

軽貨物運送業を始めるには、管轄する陸運支局で手続きをする必要があります。
その面倒な手続きを全て当事務所が行います。

 

 

 

 

 

 

 

QLOOKアクセス解析