????????????

無保険車両根絶対策の強化

国土交通省が、車両のナンバーの自動読み取りカメラを用いて、「無保険車」を割り出すと発表がありました。

無保険車の割り出しに、持ち運びのできるナンバー読取のためのカメラを街頭検査時に仮設して、通過車両のナンバーを読み取り、コンピューター(MOTAS)に登録されている車検情報と照合する方法によるそうです。

判明次第、使用者に対して使用状況の確認を求め、無保険車根絶を図るのが狙いである。

従来だと止まっている車両の標章やドライバーへ任意にの聞き取りと言った方法で、割り出しに方法が非効率的であり、非効率的な事が多くあったが、この方法によれば、通過車両を対象とできるので、大量の車両を検査出来る上、その場で無保険であることが判明させられる。

国土交通省は来年の実用化に向けて現在検証を行っているとのことである。

因みに、無保険車の事故により政府保険事業として約9億5000万円の支出をしており、さらに、ひき逃げとあわせると約20億円を支出しているとのこと。

この検査が始まるかどうかを言う以前にドライバーのモラルが問われる訳ですが、このような検査が実行されないといけない現状であるのは事実ですよね。
また、自賠責保険だけでは保証しきれない部分もあるので、任意保険の検討が必要であると思われます。

「運ぶ」.Comでは、任意保険のご相談も承っております。

参照記事:http://response.jp/article/2014/05/31/224404.html

 


QLOOKアクセス解析